うさぎが撫でると嬉しいところは、実は◯◯だった。うさぎが撫でテクニックとは。

撫で撫でされるのが嫌いなうさぎは少ないと思います。

33aa77d39cb0ac6394d41986196c8c4d

マロンもなでなでが大好きでした。

 

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

もちろん、こむぎも~♪

どうでしょう?この幸せそうな顔

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

シフォンも撫でられるのが大好きです。お目目がトロ~ンって(〃艸〃)ムフッ

そして飼い主も撫でていると眠くなるのが不思議です。

時として撫でてるうちにうとうとってなっちゃうこともしばしばあります。(;^ω^)

うさぎから癒しのパワーが出ているのだと思います。

ウサギの毛並みは最高に柔らかく匂いもせず、触っていると至福の時間を得られます。

頭から鼻先を撫で上げるようにすると嬉しいようです。

耳は敏感なのであまり触らないようにしてね。

Exif_JPEG_PICTURE

なでなでを待つシフォン

Exif_JPEG_PICTURE

そこそこ、もっと撫でてぇ。byシフォン

 

4831309bc7ed612f4b6b322ff62f1ee3

撫でて欲しくて見上げています。

おねだりの上目使いがたまりません。

 

 

うさぎには、撫でて欲しい場所と触れれると嫌な場所があります。

まず初心者は背中を触ってみましょう。そっと触るとうさぎは嫌がらないはずです。背中を触るのは健康状態を確認するために重要です。

背骨があらわになって手にごつごつと触るようでは栄養不足かもしれません。

一方背骨が確認できないようでは肥満です。牧草中心にしてご飯を調節しましょう。

触られて嬉しい場所ナンバーワンはおでこです。

ここはうさぎも気持ちがいいのでうっとりした顔を見せるはずです。

うさぎのおでこを撫でると、うさぎは気持ち良さそうに目を細め、閉じます。

撫でられているうちに気持ち良くなってくると、耳を後ろに倒してぺたんとへたりこみ、歯ぎしりをすることがあります。

歯ぎしりをするときは、気持ちが良いことを表しているサインです。

また、母うさぎが子うさぎのおでこをペロペロと舐めることがあります。

これは親子間の愛情表現として行うことがあり、飼い主におでこを撫でられていると心地良く感じるようです。

飼い主の手の下に鼻を入れ、撫でるようにねだるうさぎもいます。

触られると嫌なのは敏感な耳  うさぎの耳はたいせつなレーダーです。

触られるのを嫌がります。昔は耳をつかんで捕まえた時代も有ったと聞きますが言語道断です。

うさぎの耳は人間が聴こえる範囲よりもさらに高い音(超音波)が聴こえるため、非常に敏感に出来ています。

また、うさぎの耳は体温調節を行うために皮膚が薄く、血管がたくさんあります。

他の部分とは違い、毛も薄いです。触らないようにしましょう。

お尻も触られると喜ぶ場所ですが発情しているメスは触っては行けません。

発情しているメスのお尻を触ると、お尻を高く付き出してくることがあります。

これは、発情してオスを受け入れることが出来るというサインです。

発情をさらに促進してしまいます。偽妊娠になってしまう場合もあります。

私はメスの場合はお尻を触らないようにしています。

さらに、触られると嫌な場所に足があります。

うさぎはラックスしてくると、後ろ足をまっすぐ伸ばして横たわります。

そのときに、うさぎの足を撫でようとすると、足が敏感なので、びっくりしてしまい、撫でられるのをとても嫌がります。

無理に掴もうとしたり引っ張ったりするのは止めましょう。

触り続けると、うさぎに蹴られることがあります。

うさぎは蹴る力が非常に強く、飼い主もうさぎも怪我をする可能性があり、うさぎ自身にも大変ストレスがかかります。

また、爪切りも前足は切らせますが、後ろ足は嫌がるうさぎも多いです。

足は触らないようにしましょう。

尻尾も触られると嫌な場所です。

うさぎのしっぽを撫でようとすると、しっぽを動かし、何とか触られないように抵抗します。

しっぽには神経が通っており、危険を察知したときにしっぽの裏側の白い部分を仲間に見せ、危険を知らせる役割があります。

小さな子どもやうさぎに慣れていない人がしっぽを触ろうとしているのを見つけたときは、触らないように注意しましょう。

また、うさぎはお腹を撫でられるを嫌がります。

お腹の皮膚はとても敏感なので、触ろうとするとうさぎは逃げます。

お腹の中側には内臓が入っていますが、抱っこや強い力で触って圧迫されると苦しくなります。

うさぎの骨は脆いので、圧迫骨折する可能性があります。

うさぎは臆病な動物なのでなでなでさせてくれるまで時間がかかるかもしれません。

根気よく付き合えばなでなでさせてくれるようになりそのうち自分から頭を手の下に押し込んでなでなでを要求してくるようになります。

今日はうさぎが撫でると嬉しい場所嫌いな場所のお話でした。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

こむぎママ

ようこそ、おきらくウサギ生活へ うさぎLOVEの私、こむぎママがうさぎのことを熱く語ります。 うさぎの可愛さを知っていただけると嬉しいです。  まずは自己紹介から うさぎの飼育歴は今年で18年になります。 今家にいる子は4代目で名前はシフォンです。