うさぎには、お水をたくさんあげましょう♪

お水を飲むなんて、当たり前ですが

シフォンのお水を飲む姿が可愛くてご紹介

 

お部屋でいっぱい走り回った後は

ケージに戻ってお水を飲みます。

トイレから出ないでお水を飲む、ぐうたらっぷり

飲み終わったらまた部屋んぽへ!

そしてまたお水を飲んで

きゅっきゅっって喉を鳴らす可愛い音が聞こえます。 

必死な手が笑えますね。

お水を飲んでるだけでも、可愛いしーちゃん

毎度親ばかで申し訳ないです。💦

さらにお水を飲む動画もご紹介します。

と言っても、お水を飲んでるだけなので動きがほどんどありません。💦

こちら

我が家ではお水は水入れ用の器を使ってます。

先代うさぎみみちゃんのときのボトルが故障してダダ漏れになり

気が付いたときにはボトルが空っぽで、みみちゃんに可愛そうなことをしたためです。

それからずっと器です。

ボトルからお水を飲むときのカチャカチャ音も楽しいものですが・・。

本当はボトルの方が衛生的でいいように思います。

しかし、ボトルが苦手な子もいますのでどちらでもいいと思います。

器の場合はお水が汚れやすいので綺麗なお水が常に入っているよう気を付けてあげてください。

 

そういえば、昔「うさぎはお水を飲まない」と思われた時代がありました。

「ウサギに水は必要ない」という誤解が生じた原因として考えられるのは、野生のウサギがあまり水を飲まないという事実が関係しているのかもしれません。

野生のウサギは生の植物などのエサから水分を摂取することが多く、犬のように激しく水を飲む姿はあまりみられません。だからといって、水を飲まないということはありません。

水は代謝の要素になったり、栄養素を運んだり、血液の元になるなど重要な役割を担っています。もしも脱水症状に陥ってしまう(体内の15%以上の水分を失う)と、体に様々な悪影響が現れ、死に直結する事態になってしまう危険もあります。

さらに、ウサギは暑いと水をたくさん飲むようになります。夏場はボトルや器の中が空になりがちなので、絶対に水を切らさないようにしましょう。発汗による体温調整が出来ないウサギにとって、「水を飲んで体温を下げる」ことはかなり重要なのです。

我が家はあまり生の野菜をあげてないのでお水をかなりたくさん飲みます。

お水を切らさないよう気を付けています。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

こむぎママ

ようこそ、おきらくウサギ生活へ うさぎLOVEの私、こむぎママがうさぎのことを熱く語ります。 うさぎの可愛さを知っていただけると嬉しいです。  まずは自己紹介から うさぎの飼育歴は今年で18年になります。 今家にいる子は4代目で名前はシフォンです。